スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐津山瀬茶碗 小島直喜

koji_yohen

唐津山瀬茶碗 小島直喜


新作展より作品のご紹介。

本作、碗なりの山瀬茶碗だが、とにかく手取りが良い。

掌に本当に収まる。

高台の削りも潔く、口に至るまでの立ち上がりもスムーズで

見込みの圧迫感もない。

心地よい空間が広がる。

釉ダレも滑らかで、ハゼも所々にあり、見所満載である。

このお茶碗のハイライトは、正面右側に生じた薄桃色の窯変。

そもそもこの側面には、右一文字サックリと割れ目が入っている。

これは窯くべ時に薪が当たり、その影響で生じた窯変である。

焼成に長けた作家も、予想だにしなかった偶然の産物。

それだけでも本作を手に取る価値はある。


yamase_yohen
スポンサーサイト

theme : 陶芸
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。