スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸野寛作 井戸盃  by 酒器展



一押し岸野寛さんの井戸。

ナゼかわからぬが、お客様と作品について話をするとボルテージが上がる。

井戸は白磁・青磁同様に難しいという。

以前書いたとおり、やきものは名前の如く土を焼くものだ。

その原料・焼成の副産物として、作品という名のものを手にとる至福が得られる。

工程にも無論色々あるが、ごまかしが一切きかない井戸の場合、

やはり造形バランスの妙・ヘラ使いをも含め総体的に求められるものではないか。

 先日、井戸の起源は何だろうという話がふと出た。

自分が答えたのは、諸説よりも纏めるとやきものズバリ表しているのが井戸じゃないかという事だ。

少し横着だったかもしれないが、先述のとおり総体的なものが端的に求められるものなので

そう話すしかなかった。

kishino_ido.jpg



岸野さんの井戸は既成概念に囚われないヘラ使い・削りがあり、口作りも感性がそのまま出ている。

無論、下積み時に体内に蓄えた技術ベース・高麗系に馴染んだ土台があるから可能である。

以前と重複するかもしれないが、最近売れるから井戸作りました・やってみたいから井戸作りましたという作家さんが多すぎる気がする。

伝統系の仕事は、伝世名碗など消化した上で、感性と根性論で申し訳ないが努力による作品作りをする事だと思う。

どれが欠けても厳しいこの競争時代を生き抜くには難しいだろう。

既にお持ちのお客様からは、酒を良く吸うと聞いている。

岸野作品は、有本・梶原作品同様にまず手に持って頂きたい。

ストレスない作りと育ちで納得される方も多いと思う。

僕も彼の作品はプライベートで欲しいのだ。





スポンサーサイト

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

渡部秋彦作 白瓷徳利 by 酒器展



当酒器展に出展の作品は、白磁を中心とした最新作。

無論、青磁作家であるので、窯変の米色系青磁(といえど渡部さんの場合は還元基本に酔っ払いの様な焼きをするのだが)がメインとなる。

穴窯で焼成されるのは既知かと思うが、その意味は純粋に土を焼くという原点に基づくものだと感じる。

そこに渡部さんに惹かれる自分がいるわけだが。

渡部さんの青瓷は、日常使いたいと思わせるものばかり。

よって、酒器などは抜群の手取りである。

今回の白瓷・青瓷は主に美濃系の原料を使われている。

当作も同様、まったりとした釉調、トロリとした焼き。

お酒を呼ぶ白瓷徳利だ。

丸っこい口作りなど渡部さん独特のロクロが楽しい。

花器としても使えるなと思う白磁徳利は多いが、

絶対に徳利としてのみ使う術がない本作は、真直ぐで気持ちの良いではないか。

渡部さんには熱烈なお客様がいる。

キレある中に男臭さ・土臭さが見え隠れする渡部作品は、一度はまるとトコトン付いていきたくなる不思議な魅力がある。

加藤康景作 志野ぐい呑 銘:炎舞 by 酒器展



今回、酒器展に際し康景さんにご無理願った。

ぐい呑に銘をつけて頂いた。

通常、酒器に銘をつけられる事はないのだが、ここ最近銘をお客様から頼まれることが多く

オンリーワンのものをと思いお願いした。

康景志野は何と言っても焼きの激しさ。

豪胆なヘラ使いに強烈な焼きが特徴である。

どんなに前夜遅くとも、朝早くから夜更けまで集中して作陶に没頭される。

潔さと後進の面倒見の良さには、いつも頭が下がる。

僕は美濃古窯が好きだが、元屋敷近郊はもちろん、妻木あたりの歴史・文献など調べるにつれ

加藤家の美濃における貢献度は抜群であることを思い知らされる。

その中で、今までにない伝統美濃を創りだそうとする康景さんは頼もしく、

やきもの屋らしい鋭さ&ご苦労は、美濃育ちの者なら共有できると思う。

いつもその大きな優しさに包まれる気がする。

価値観を共有して頂ける方々を待つ。

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

富永善輝作 黒ぐい呑 by 酒器展 




最初に、酒器展の出展作家・有本空玄氏が現代茶陶展で、奨励賞を受賞したことを御報告。

もう一人取扱作家の加古さんも同賞を受賞した。

おめでとう!

この様な明るいニュースは嬉しい。

茶陶展も5年に一回。

織部の日にちなんだ公募展だが、その織部という言葉の定義は広い。

ヒトであったり、緑釉のものであったりと。

自分はやはり概念での織部=織部焼と捉えているため、

織部といえど緑釉でなくても良いと横着な考えでいる。

その時勢からはみ出し、一つのスタンダードを作ったやきものが織部だと考える。

その中で今日ご紹介する富永さんの黒ぐい呑は、織部でも通ずると思う。

瀬戸黒も作るが、この黒いやきものは、灰黒土をかなり薄く挽き上げ黒釉をかけたもの。

粒子の粗い胎土が、熱により複雑な表情を見せている。

ドラム缶の様な立ち姿に何を連想させるか。

作者の本意を測る面白いものだ。

底部のすっきりした作りも土味を純粋に味わえる。

何を表現したいのか、何を思うのか。

捉え方は使い手次第。

富永さんは40手前の若手だが、二彩ともいえる作品からもわかる様に

丁寧な仕事&釉薬知識の深さは抜けている。

彼の作品は手にとる価値が本当にある。

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

樋口雅之作 志野酒呑 by 酒器展



いつも樋口さんが出展する作品は楽しみである。

樋口さんの魅力は、研究熱心で陶芸というジャンルにこだわらない視野の広さによる引き出しが多い事なのだが、新しい色を模索し続けるバイタリティーにいつも感服する。

見込みにしろ高台にしろ、二十面相の様に新しい作風をみせる。

それが毎年変わるので、コレクターとしては楽しみな作家の一人になるのだろう。

現にプライベートで樋口さんの茶碗を数碗もっているが、はまると実に楽しく、楽な気持ちで使えるのが不思議だ。

工房は多治見にあるが、窯は美濃古窯の中で重要な地位を占める中窯の近くにある。

この時期、特に冷え込む厳しいところだ。

本作は他作と同様に、樋口さんの人柄が端的に出ている気がする。

赤志野という重厚なものに、垢ぬけたヘラ使い・釉掛けをされ、特に見込みには瑞々しい景色が広がり、気軽に使える魅力がある。

樋口さんはお酒を好まれるが、やはり呑む作家とそうでない作家の酒器に対する視点は違うのだと気づかされる。
 

 。。ここからは先日からの続き。 

先日、良い作家とは鉄分を操る作家だと至極当然なことを書いた。

これ、書かずにいられなかったのだ。

作家であれば、目視→ルーペで見れば配合が大方わかるだろう。

試験場や電子顕微鏡で確証が得られれば、制作に対する自信を得られることだと思う。

最近順序が違う作家さんが多いのに気づく。

データーは何の為のデーターか。

数作るのも大事だが、根拠ある過程を経て数を作るのか。

焼きあがりそれを良さそうなものを上位から百貨店・ギャラリーに言われた点数を持ち込む。

焼きました→どうぞ見てくれ。

違う。

今、見る側から言わせてもらうと、そんな気持ちで作られたものを足を運んでまで見たくないし、時間を返せと言いたくなるだろう。

最近強く思うのが、我々郊外のギャラリーがその様な事を続けたら、わざわざ電車賃やガソリン代を使い、貴重な時間を費やしてまで来た方々の信頼をどんどん無くす。

だからこそ来て良かったと思われる作品でないと、やる意味がないと思っている。

持っている常設で企画展をはれる店でないとダメだと思う。

その意味で、今回も酒器展で作品を実際に見るまでのドキドキ感が強烈だった。

それは作家のウチに対するスタンスも分かるので。

覚悟はしていたが、11月から精神的ストレスの尋常でない日々が続いている。

それは自分を確実に成長させてくれる有難い試練だと思っている。

尊敬する作家さんから年賀状に【前を向くしかないのです】と書いてあった。

職業は数多くあれ、どれも共通に言えるのが、棘の道と思うのか、いや幸福の道と思うのか。

気の持ち様である。

自分はひよっ子なのでよく分らないが、棘と思うのは時間軸でいえば目先を見るから棘と思うのではないか。

評価されないのは目先を見るから評価されないのではないか。

【鉄】というキーワードは、そんな生半可にわかるものでないと思っている。

長い目で紐解き、その過程を個展や企画常設などで見て頂くことが重要ではないか。

作家の方々が積極的にやらない伝統もので、自分が絶対的に見てみたいもの。

それは何か。

天目。

特に美濃天目である。

どの窯でも焚かれた雑草の様なやきもの。

反面、釉調はものすごく多様性を持つ。

なぜ美濃天目なのか。

実に簡単な結論。

それはまた機会があれば。















theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

青山貴秀作 黄彩ぐい呑 by 酒器展



2年前の個展以来、久しぶりに彼の酒器を紹介させて頂くことになった。

陶土ベースは、地元近郊の荒土。

ほとんどの作品がこの原土をベースにする。

そして灰作りは彼の生命線でもある。

景色作りなど日展系の息遣いが感じられるが、茶碗を中心にこの数年伝統の仕事に真剣に取り組まれている。

事実、久しぶりに見た彼のお茶碗は、驚くほど巧くなっていた。

本作は黄彩という最新発表のものだが、黄彩のお茶碗は一見黒楽の様な雰囲気を持っていた。

茶碗とは一見違うように見えるが、化粧をはり更に灰釉を流す。

この灰がとても流れ易いため、歩留まりもまだ悪いと聞いた。

個人的に以前とは大きく変わった高台など底部の削りをご覧頂きたい。

目立たないかもしれないが、確実に進歩する青山さんは更に頭角を現して欲しい作家の一人だ。

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

有本空玄 志野ぐい呑 by 酒器展



以前、茶碗の項で紹介した有本さんの志野。

原料・作陶工程などの尋常ただならぬ拘りは書かせて頂いた。

本作を含め、酒器展作品は12月の窯で期待に違わぬ酒器を出展いただいた。

ただ頭が下がるばかりである。

長石を若干かえられたと伺っている。

緋色の発色が柔らかく、穏やかである。

3年前は【あきしの】という名で発表していたが、原料は違うが当時の志野も緋色を前面に出した優しい作品が多かった。

今回はその緋色に濃淡といえば良いのか、重層で柔らかな長石釉がその緋色と相まり一層酒器の遠近感を出している。

今回酒器だが、同窯の茶碗はどれだけのレベルだったのか、想像すると楽しくなるではないか。

出展された志野はどれも表情が豊かで、自らも総て欲しくなるものばかりだ。

見せ場である底部の削りも、良土に完全にもたれかけない意志が感じられる。

 有本さんの作品はいつも楽しみで仕方がない。

そしてある方を思い出した。

そのある方とは、ギャラリーのご主人だ。

関東近郊のやきもの好きならご存じの方も多いかと思う。

三鷹の鳥海さんだ。

先日、お客様より既に亡くなられたと伺った。

実に惜しい方を無くしたと思う。

作家を絞り込み、陶芸・作家に対し熱い方だったと伺っていた。

僕はこの大先輩の話を昔から知り合いに聞いており、尊敬をしていた。

真に模範にするならこの方だと思っていた。

対有本さんには、ピュアな気持ちで鳥海さんの様になりたいと常々思っている。

期待以上の良作をいつも出展いただく有本さんには、時間はかかるが恩返しをしていきたいと思う。

とにかく一人でも多くの方に、有本さんの作品を持って頂きたい。

手にし使えば、価格以上の本質が分って頂けると強く信じている。






theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

小島直喜 斑唐津山瀬ぐい呑 by 酒器展




この様な不況下の中、唐津の人気は衰える事が全くない。

事実、数多くの作家が関東で個展を開催する。

そこには数年来のギャラリー・マスコミによるアプローチ、骨董の世界でも特異なポジションを持つ所以でもあるだろう。

ただ、忘れてならないのは他産地以上に新しい芽が出る土壌ができているのも見逃せない。

例えば萩と比較すると両者の違いが顕著に見える。

萩はいわゆる先生、先生で売名活動を中心に動いてきた。

茶陶というのが逆に足枷になっている。

以前にも書いた茶人・故問田翁が言われた様に、これはという作品が出てこないにも関わらず、一定層に限定した紹介をしてきた。

更に内産地消で完結した部分もあり、外販システムが惰弱だ。

その関係もあってか、若手はいるも充分な紹介のされ方がなかった。

また、作品も未熟な作家が先生気どりをし、実に痛々しい状況が続く。

とはいえ骨のある良作を作る作家も存在する。

その絶対数があまりにも少ない。

 かたや唐津は、古唐津から美術という本質を確立しつつ、我々庶民にも馴染みやすい作品と、作家の努力・引き上げる関係者も多く、着実にコレクター層を増やしている。

しばらく若手で育っているのが少ないといわれていたが、現在、お弟子さん達が徐々に独立をし、確実に層が厚くなっている。

今回紹介する小島さんも中堅の域にかかり、お弟子も独立させ、その方も人気がある様だ。

複数のお客様からお弟子さんの作品を拝見させて頂いたが、なるほどと頷けた。

 小島さんとのお付き合いは昨年9月からとまだ新しい。

梶原さんオンリーでご紹介してきたが、梶原さんが得意とするものが酒器であり、かつ新しい領域へ行こうとされている。

その為、個展ではうちの中心作品である茶碗が得意であり、かつ原料・焼きが上手な方をと思いある方を通じご紹介頂いたのが小島さんである。

 山瀬から遠く見下ろす所に小島さんの工房はあり、既に小学生の時から原料を掘っている。

かつ、お父様が元は原料屋さんでもあったせいか、唐津及び唐津近郊の土は非常に詳しい方だ。

また、土の微妙な味を引き出す焼成技術は、他産地の某人気作家もテクニシャンと言わしめるほどだ。

 本作は山瀬(一言で山瀬といえど、非常に数多い種類がある)に藁灰をかけ焼かれたもの。

一般に藁灰と山瀬との相性(焼成温度)を考えると面白いではないか。

鮮やかな緋色の発色もさくい印象を排除している。

あくまで山瀬の土味を残しつつ、藁灰を溶かし焼きも甘すぎずという良い所どりなのがこのタチぐいにあたる。

正直、小島さんの酒器は足が速い。

その為、長い会期を考え作品の紹介を均一にするのは嬉しい悩みでもある。


























theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

若尾経作 青瓷徳利 by 酒器展




若尾経さんは一般的にいわれる若手人気作家だ。

だが、なぜ人気作家であり続けられるのだろう。

美濃にいるとデザイン系の作家の作品を見る機会が多い。

メーカーも多く、意匠研もあり、活動面での需要と供給が成り立つ。

毎年楽しみにしている新人展。

本当に多くのヒトが出てくるなぁと思いながら、軽く見れるのが心地よい。

経さんも意匠研出身なのだが、決定的に違う事がある。

それは伝統を良く研究されていることだろうか。

話をすると次々に技術的なこと・歴史的背景など尽きることはない。

青磁という領域に留まらず、志野など地元の歴史的産物である美濃陶のことも実に博識だ。

かつ、スポットを当てるといおうか、抜群の造形バランスを持つ。

一言でいえば引き出しが多い。

青瓷もどこか懐かしさを感じさせる釉調と造形が存在する。

本作もそうだが、徳利という名称に拘らず、置くだけで空間を心地よくする存在感がある。

穏やかな人柄から想像もつかない厳しさを作品に感じられるのも特徴だ。

店のある地域は、陶芸という文化が育ち難いところだ。

見た目だけでない奥底に潜む部分を、本作を通し地元の方々に感じて頂ければ本当に嬉しい。

 比較的暖かい当地域も、昨夜から急に冷え込み始めた。

北海道や東北・北陸・山陰のお客様は、ご自愛頂きたい。







theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

堀一郎作 鼠志野ぐい呑 by 酒器展




酒器展が元旦に始まり、会期の3分の一が過ぎた。

いつも思うが、作家に依頼してから作品を目にする時が一番緊張する。

色々な意味で。

例年、この季節は出続けているのだが、今年は店内にいる。

11月後半から12月にかけ体調を崩した関係もあり、お客様との時間がとれなかったのもあり、静養も含めしばらくは店にいたい。

熱心に複数回来て下さった方もいて、勇気をいただいた。

自分がお勧めしたい酒器もまだ多く、多くの方々とお逢いできればと思っている。

 今年最初は、今回のDMでも使わせて頂いてる堀一郎氏の作品を。

堀さんは穴窯で志野など焼かれるが、今までその理由が陶芸誌などに書かれている様なものとは違うと思っていた。

ガス・電気・灯油などで美濃陶をつくる作家が殆どの中で、どうしてなのか。

堀さんの真意をいつも考えていた。

では自分がどうして堀さんの作品に魅かれたのか。

感覚的な部分が多かったのだが、最近言葉にできる様になってきた。

写真は、鼠志野である。

怪しすぎる景色を持つ。

人間が内包する醜さと解明できない六感をカタチにした様にも見える。

作家の方々であれば、これがいかに面白く難しいか分って頂けるだろう。

簡単に作者の哲学が垣間見えるといえば楽だが、

常に物事を冷静に考えられる作家ならではのものだ。

本作、鬼板を使っていない。

鼠志野といえばたっぷり長石をかけ、鬼板をはり掻けわけた部分が景色となるのが見所だが。

ここで考えてみよう。

企業戦士の方々であれば良くご存じだが、

経済ニュースで一番大事な所は、その事象の裏側を推測することだろう。

あくまで出来事とは結果でなく、過程である。

その真意を求めることが必然となる。

分り易いところで企業の決算数字であろう。

アナリストの方であれば当然だが、定性箇所と定数値に不自然さがないか、その延長で予算の妥当性を問い、レポートするだろう。

忘れてならないのは、役員そのものを精査し尽くすことなのは絶対だ。

数字にしづらくも、飛び抜けた企業でない限り、人的関係を精査できる。

そこからは大人の世界だろうか。

少し話がずれたが、鬼板を使用しない所に堀さんの穴窯に対する拘りがあると感じた。

冷却時の緋色もそう。

土には多かれ少なかれ様々な鉄分を含有する。

土を本当に活かすという意味では、その成分を最大限に活かさねばならない。

堀さんはどこでも手に入る原料を使う。

だが、キレイに粒子結合されたポジションから、あえてスクラップ&ビルドしようとされる。

不確定要素の高い穴窯の熱がどう作用するのか。

そこを楽しんでいらっしゃる気がしてならない。

井戸や青瓷で考えれば分り易いが、良いやきものを作る作家は

鉄分をいかに理解し、他ツールを使いコントロールできるか。

それに尽きると思う。

この鼠志野は、分り易く我々に話しかけてくれている。

そう思えて仕方がない。

今日は自分の誕生日。

絶対に裏切らなく、産み育ててくれた両親に感謝を。







theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。