スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝&お目見え




09年が間も無く終わり、新しき10年が始まる。

今年も多くの方に支えて頂きながら、なんとか年を越せる。

感謝の一言。

拙ブログを見ていると作家・お客様など多くの方々に言葉をかけて頂いた。

かなり恥ずかしく、また有り難いのが正直なところ。

ひっそりと始めたブログだが、言いたい放題なので中には適切な表現が入っていないかもしれない。

それは何卒、見逃して頂きたい。

フランス語でよくlaissé tombéという言葉を日常使う。

まっ、いいや!という感じで使うのだが、このブログもそんな感じで軽く流して下されば幸いである。

よく考えればSEOでひっかかる可能性があるのだが、そんなコト全く考えずに始めた。

あの時は、絶対に意志を曲げてはいけない、今までの中途半端な人生ではダメだ、天国であの方が見て下さっているかもしれないなど多くの要素があり始めたのだが。。

幾年か前、WEB広告の会社で経営企画のマネージャーを短期間だがした事がある。

この会社はIPOを目指すという事で上げ屋ではないが、力仕事でIPO基準まで引き上げるのが使命だった。

その関係か、少しだがSEOなどWEB広告の構造を理解しているつもりだ。

ただ、気付いたのが、どんなにWEBのデジタルの世界で足掻こうが、最終的には人対人の関係が最強のポジションである事。

自分たちの様な世界では特に感じる。

何万回、書面で気持ちを書こうが、薄っぺらいのだ。

最近、お茶など訪問先でいただく時、自然と合掌する自分がいるのに気がつく。

自分は茶の世界にどっぷり入っていない。

また必然性を感じるまでは入るつもりはない。

(もちろん茶の世界は尊敬すべき場所である)

だが、本当に感謝の気持ちを持っているのならば、自然と体が動くと思う。

正直、ある事で良心の呵責に押し潰されそうになる事がある。

いつかは何倍にもして御礼したいと心で強く思っている。

 今日も御客様が大晦日にも関わらず、開いていたから寄ったとお越しになられた方々がいた。

その御一人に話したのだが、このご時世にも関わらず、年末年始お店を開けられる事は感謝しかないと話した。

明日、元旦から酒器展を開催する。

実は今秋の伊賀酒器展を除き、初めて酒器展をさせて頂く。

それには理由があり、今までは茶碗・花器など比較的大きいものをメインにご覧頂きたいという気持ちが強く、酒器展まで至らなかった。

色々考えているうちに原点に戻ろうと思った。

今の様なカタチを始めたのは今から5年位前だろうか。

当初、店舗を持たず作家の御紹介&酒器専門のwebギャラリーでスタートした。

実家のものから美濃作家のものへと幅を広げた。

美濃を紹介したくて深みにはまったのが実際のところ。

酒器はとても身近で御紹介し易かった。

実際に使った経験をもとに御紹介していた。

当時に比べると今は何十倍も深く掘り下げ考える毎日だが、日々楽しかった。

その楽しさを再度味わい、初心に戻りたく作家の方々にお願いした酒器展だ。

もちろん御客様から酒器展のリクエストが多かったのも事実。

酒器展が始まったら一人づつ御紹介できればと思う。

 毎年正月明けまでは、写真の盃でお客様にお酒を振舞っている。

黄瀬戸盃、中馬田ノ尻産である。

自分が特に大事にしているものだ。

田ノ尻は美濃古窯でも特に好きな古窯。

大型の連房登り窯に大窯も複数稼働し、13以上存在したと調査で判明している。

大萱など本流に比べ亜流の窯だが、その泥臭さがよい。

一時期盗掘が盛んだったが、今はどうだろうか。

大事にしてほしい文化遺産である。

久しぶりに志野を中心とした酒器が並んだ。

多くの方とお話ができればと楽しみにしている。

後半には久しぶりに札幌から大事なお客様が見えられる。

妻は今から酒が呑めるとワクワクしている様だ。

来年は更にストイックになりたい。

名古屋の仕事も一つある。

がんばろう。

みなさんにとり2010年が最高の年である様に。

心よりお祈り申し上げます。

Bonne Anné!
スポンサーサイト

theme : 展示会、イベントの情報
genre : 学問・文化・芸術

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。